着物が温かい季節になりました。おしゃれももっと楽しみたいですね。ちょこちょことマイナーな更新しています。不具合がありましたらご了承ください!
CATEGORY

着付け小物

あったら便利、使って便利おススメ着付け小物。

  • 2019-11-13
  • 2019-11-13

五重紐を作ってみよう!

「三重紐」。 すっかり帯結びには欠かせないものとなりました。 特に、飾り結び。 振袖の帯結びには物凄く力を発揮して、デザインの幅を広げてくれます。浴衣の帯結びも同様です。 着せ付けでは常識化したといっても過言ではない「三重紐」。着付けでも活躍するのは […]

  • 2019-03-18
  • 2019-12-07

衿を止める胸紐やベルト、どのように使えばよいの?

皆さんもいろいろと着付け小物をお試しのことと思います。 今回は胸紐、アンダーベルト、コーリンベルト(着物ベルト)、コーリン和装締めについてお伝えします。 これから着付けを始める方は是非参考にして下さい^^     胸紐の種類と役割 […]

  • 2019-03-15
  • 2019-12-04

着物の下着選びと意外に知らないその着方

下着は和装用でも洋装用でも自由です。 「洋装の下着を着てその上に着物を着る。」 和服と洋服の二重生活だった頃からそれは当たり前だったそうです。うそつき襦袢もその頃(1938)からあったそうです。 だから今もそれでも良いのです。

  • 2019-03-14
  • 2019-12-04

衣紋を抜く着物と抜かない着物

着物と言えば、後ろ衿を下げて衣紋を抜いた着姿がすぐに思い浮かぶと思います。女性の魅力を最大限に生かした着方ですね。 しかし、着用する着物によって「抜く、抜かない」「開ける、開けない」があるのをご存知ですか? 子供、女袴、男性着物 は基本的に抜きません […]

  • 2019-03-14
  • 2019-09-19

美しいお太鼓線は帯枕の付け方次第できまる。

帯枕。お太鼓系の結びと言えば帯枕。 よく考えられた形状だと思います。 でも・・・見れば見るほど不思議な物体です(笑)   帯枕の種類と役割 役割:帯枕は一重太鼓や二重太鼓結びをする時にお太鼓の上線を綺麗に保つためのものです。 また、変化結び […]

  • 2019-03-13
  • 2019-09-19

帯板は帯を綺麗に見せる。

帯板の種類と役割   役割:帯の前面(腹の部分)をシワにすることなくきれいに保ちます。 挟む帯板、ベルト付きの帯板、前結び用のくるりと回せる帯板、夏用メッシュ素材の帯板があります。 振袖には挟む帯板の前板と後ろ板を使います。 帯板を付けない […]

  • 2019-03-11
  • 2019-09-20

帯締めの工夫、あれこれ。

帯締めの種類と役割 役割:帯を適切な位置に保ちます。特にお太鼓結びではしっかり結びます。   平、丸、丸ぐけがあります。 お好みで選びます。 最初の結び方の練習には方向を考えなくて良い丸の方が結びやすいです。本結びの場合、結び目が反対になっ […]