只今リニューアル中につき大変ご迷惑おかけしております。不具合は随時修正していますのでしばらくの間ご了承下さい!
CATEGORY

着付け

自分で着る着物。

  • 2019年3月16日

着付けお直しのコツ:着物と帯編

基本は着崩れないように着付ける事が大事ですが、人間ですから活動します。 お腹もすいて帯が緩んできたり、走れば(笑)裾が乱れたり・・・ そう、トイレだって行きますしね! どんな状況でもお直しのコツを知っておけば少しも心配することはありません。 バッグの […]

  • 2019年3月7日
  • 2019年4月11日

裾よけを付ける。

裾よけを選ぶ 素材は静電気の起きにくいものが良いです。 ベンベルグ! 特に冬はそれ以外のものには必ず静電気除けスプレーをします。しないと歩くたびにもたついてイライラが増します。 私の裾よけヘビーローテーションは夏でも透けて見えない黒の裾よけです!冬で […]

  • 2019年3月6日
  • 2019年4月15日

着付けの補整=体の凸凹を埋めて”寸胴”にする

自分でする補整です。=自装 まい吉の考えですが、 「補整とは、体の線を整えて衣服を着た姿を美しく、更に魅力的に見せる手段。」ではないかと。 和装、洋装共に目的は同じですが、違うのは何を美しさの基準とするかですね。例えるならコーラの瓶とこけしさん。 パ […]

  • 2019年2月17日
  • 2019年3月3日

ひとりで二重羽ふくら雀を結ぶ

”ひとりで振袖を着る”でご紹介できなかった改良枕を使った帯結びです。 自分で着付けができれば自力で振袖を着ることはできます。 問題は帯結び。 でも、改良枕の力を借りればできちゃうんです。 形を作って背負うだけです! では、さっそく”ふくら雀二重羽”バ […]

  • 2019年2月8日
  • 2019年3月14日

きれいなおはしょりは気持ちいい。

おはしょり、されどおはしょり・・・ あなたはきれいに決められますか? 自分のサイズよりも身丈や幅が大きい着物を着る時は余分な布の始末に苦労しますね。 特におはしょり。 そんなおはしょりをさっときれいにするにはどうしたらいい? そんなお悩み解決しましょ […]

  • 2018年10月11日
  • 2019年5月11日

身八口は何のため?

身八口・・・。 そこにあるのが当たり前過ぎて「何のためにあるのか。」全く意識していませんでした。 きもの学院で教えてくれたかしら?(笑) インバウンドの着物体験で襦袢や長着を着せる時に 手を通すところを誘導してあげないと、ほとんど手が別の出口から出て […]

  • 2018年8月16日
  • 2019年6月20日

身丈と着丈、違いがあるの?

着付けを習い始めた時に 「身丈?着丈?うーん、何が違うの?」と思ったことはありませんか? 着物は背中の長さが2つあります。 時々私達は “身丈”と “着丈”を混同してしまうことがあります。 着物を買うと […]

  • 2018年7月28日
  • 2019年7月9日

着物の前合わせ、それは右前?左前?

自分で着るとき、迷いませんか? 右前か左前か。 初心者の頃は良く迷いました。 しかし、何故迷うのか? 自分から見ると左側が前にあるのに・・・疑問。

  • 2018年7月20日
  • 2019年6月20日

着付けお直しのコツ:浴衣編

きれいに着物が着られた。そのままじっとしています? 私たちはお出かけしたりと活動しますよね。 だから、多少の崩れは当たり前です。洋服を着ている時だって直しますよね? また、人ごみの中にいれば思わぬアクシデントに会ってしまうかもしれません。 自分の体型 […]

  • 2018年6月28日
  • 2019年7月8日

面接試験の着物

皆さんは面接試験に着物で行ったことはありますか? はい、私はあります。 着物は私にとって仕事着であり、勝負服でもあります。 気合が入りますね!! 数年前、通訳案内士の面接試験に着物で臨みました。 少しでもアドバンテージ取ろうと思いまして(笑) 無地の […]

>e-book

e-book

多様なメディアとリンクするe-bookで着付けを習得しましょう。
「着付けの本普段きもの 日本語版」ただいま期間限定公開中です。