秋ですね。きものを着ておしゃれしてみませんか?

着上がりチェックをしましょう!

鏡で着上がり姿を⾒てみましょう。
時間に余裕がある時は丁寧にチェックする事も大切です。

 

6つの主なチェック箇所

 

目立つ箇所は

  1. 衿元
  2. 胸元
  3. おはしょり
  4. 着丈=裾線の位置
  5. お太鼓の柄位置
  6. 全体のバランス

特に、①と③がきれいだと「上級者ね。」と思われますよ^^

 

浴衣の着姿

浴衣の着姿

印はご自分のサイズや着物によって位置が変わります。

 

詳細なチェックをしてみましょう

細かいチェックは表をご覧ください。

きもの学院、着付け教室などの資格試験のチェック項目もほぼ同様です。

印刷して対策や解決策などを記入しておきましょう。

 

着上がりチェック表
項目     確認する部位 対策など 参照
着物 a 背中心、前中心は合っているか
b 衿合わせの交点は適切な位置か
c 半衿の出し幅は適切か
d ⾐紋の抜き具合は適切か
e 衣紋から半衿が出ていないか
f おはしょりの⻑さは適切か
g おはしょり線はまっすぐか
h おはしょりはだぶついていないか
i 背中にシワは無いか
j 胸にシワは無いか
k 左脇又は衽線は適切な位置にあるか
l 上前の衽線はつながっているか
m 着丈(裾線)は適切か
n 褄先は上がっているか
o 裾窄まりになっているか
p 帯結びの形や柄の位置のバランスは良いか
全体 q 鏡から離れて⾒て全体のバランスは良いか
r 前中心で衿合わせ、帯揚げ、帯締めの結びが揃っているか
s クリップのなどの取り忘れはないか

 

 

クリップは外さないと資格試験失格になるので気を付けましょう。

もちろん、着せ付けのお客様のクリップも忘れずにとりましょう!!

 

 

>e-book

e-book

多様なメディアとリンクするe-bookで着付けを習得しましょう。
「着付けの本普段きもの 日本語版」ただいま期間限定公開中です。