着物が温かい季節になりました。おしゃれももっと楽しみたいですね。ちょこちょことマイナーな更新しています。不具合がありましたらご了承ください!

五重紐を作ってみよう!

「三重紐」。

すっかり帯結びには欠かせないものとなりました。

特に、飾り結び。

振袖の帯結びには物凄く力を発揮して、デザインの幅を広げてくれます。浴衣の帯結びも同様です。

着せ付けでは常識化したといっても過言ではない「三重紐」。着付けでも活躍するのは皆さんご存知でしょう。

でも・・・固くて結べない帯、結んではいけない帯だと三重紐では心もとない。

そうだ、数を増やせばいいね!と「五重紐」を作りました。

これで安心、袋帯でも半幅帯でも結べない帯に使えます!

特に振袖を自分で着たい方はぜひ作ってみてください。

「五重紐」は

  • 結べない帯に(実例ただいま制作中)
  • 飾り結びのデザインを広げたい時に
  • 紐の数を減らしたい時に
  • 振袖は着られた。更に帯も自分で結びたい時に

大活躍します。

そして、手作りなので帯や着物に合わせた色で作れます。

 

準備するもの

  1. 平ゴム 薄手下着用(20 mm x 150 cm)
  2. コットンテープ (20 mm x 50 cm を2枚)
  3. ソーイングセット
  4. 裁縫用ボンド

①は百均で購入しました。ストロングタイプは厚みが出てしまいます。

preparation

 

 

五重紐の作り方

put the tape between the folded band

1. 平ゴム150㎝を屏風だたみで5等分にし、その間にテープを挟む。

 

 

2. ボンドをテープにつける。引く力に負けないための補強になる。

 

 

3. クリップでゴムとテープを挟んで圧着する。指で押さえてもOK。

 

4. 半分くらい乾いてきたら縫い始める。

 

5. 半返しで縫う。反対側も同じように仕上げる。

 

 

finifhed!

6. はい、完成です!三重紐も同じように作れます。

 

実例は後日お伝えします!

ENGLISH

GO to ENGLISH TOP Kimono dressers usually use "sanjuhimo" or a triple band. It is a kind of string with 3 elastic bands[…]

make "gojuhimo"