只今リニューアル中につき大変ご迷惑おかけしております。不具合は随時修正していますのでしばらくの間ご了承下さい!

半衿だけでなく、色々使える半衿用テープ

半衿をちくちく縫い終わってから「うっ・・・@@;いまいち着物と合わない。」と、やり直した経験はありませんか?

半衿用両面テープならば慌ただしい時もすぐに替えられて安心です。

お裁縫が苦手な方もいらっしゃいますね。針で指をさしてしまい、着物に血が付いてしまっては大変です!

張ったり剥がせたりするので便利。

使用した半衿用テープはこちら。

 

半衿を付ける

 

付け方は縫う場合と同じです。今回はまい吉がいつもしている方法です。

 

手前に衿が来るように襦袢を表に向けて広げます。半衿の大きさは幅15㎝、長さ80㎝~100㎝です。半衿は裏が上です。

 

半衿付けテープ1

①中心を3㎝、両端を1㎝取り、折り目を付けます。②③背中心からテープを青線の位置に矢印の方向に惜しげもなくビューっと貼ります。④は背中心の補強です。ヘロヘロした生地もあるので心配な方は貼ってください^^

 

 

半衿付けテープ2

まず、を合わせて貼ります。背中心から片方ずつ貼っていきます。衿肩あきまではプラス6㎜でゆるみを持たせます(外側カーブ)。反対側も貼ります。半衿は表が上になっています。

 

 

半衿付けテープ3

襦袢をひっくり返し、裏を上に向けます。青線の位置にまたもやビューっとテープを貼ります。

 

 

半衿付けテープ4

半衿を襦袢の衿に背中心から片方ずつ貼っていきます。背中心から衿肩あきまではマイナス4㎜でつるような感じで貼ります(内側カーブ/↓下の写真参照)。

半衿付けテープ5

*ハギレなので背中心で継いでいます。

 

 

半衿付け仕上がり 臙脂のウール

出来ました!

 

まい吉

プラス(ゆるめる)の6㎜、マイナス(縮める)の4㎜は生地の特性によって変わります。ご自身で加減してみてください。その他は布目を通してピンと張りながら付けます。はがれやすい生地は圧着します。

綿はアイロン無しでも折り目が付きやすいので大丈夫ですが、その他の生地は様子を見ながらアイロン使用してください。見えない所で試したり、当て布を使用してください。

 

 

着せ付けの補助に使う

 

自装で重ね衿をする時は苦労しますね。

縫い付けたり、ピンで止めたりしましたが、テープを知ってからは愛用してます。

伊達衿をテープで付ける

①衿肩あきから衿肩あきまでテープを貼ります。②重ね衿を5㎜さげて貼ります。③④生地が動きやすい時は補強として貼ります。

 

 

とっさの時の補修に使う

 

実はとっさの応急処置的な使い方もできるのです。

思わぬアクシデントの力強い味方です。

でも、後でちゃんと直してくださいね。

 

これは着物体験やレンタル店での着せ付けの時です。

針と糸は使えない場合が多いですからね。

 

  1. 着物が古くてビリっと破けた!
  2. 帯留のパールがポロっと取れた!
  3. 長襦袢の袖と着物が合わない!
  4. どうしても衿が合わない、引っ込む、はだけそう!?

 

いかがでしたでしょうか。まだまだ工夫次第で使い道がありそうです。良かったら教えてくださいね!

半衿用両面テープは何種類かあるようです。3種類見つけ、2種類使用しました。うーん、特に貼り心地に変わりはないかなー?

 

半利用両面テープ

値段でこちらでしょうか。↓

 

>e-book

e-book

多様なメディアとリンクするe-bookで着付けを習得しましょう。
「着付けの本普段きもの 日本語版」ただいま期間限定公開中です。