只今リニューアル中につき大変ご迷惑おかけしております。不具合は随時修正していますのでしばらくの間ご了承下さい!

着物の下着選びと意外に知らないその着方

下着は和装用でも洋装用でも自由です。

「洋装の下着を着てその上に着物を着る。」

和服と洋服の二重生活だった頃からそれは当たり前だったそうです。うそつき襦袢もその頃(1938)からあったそうです。

だから今もそれでも良いのです。

下着を選ぶ

下着をきちんと付けると自然と襦袢も着物も乗ってきます。

まい吉の場合、

夏は大手スーパーの涼しい下着(綿の楊柳より涼しかった・・・!)。

冬は着物用の発熱下着。ももひき(股引)もあったかいやつです。

機能性下着大いに活用しましょう。

 

一方でアレルギーがある場合は気を付けましょう。

なるべく肌にやさしい自然素材を選びましょう。

木綿の肌襦袢。汗を吸収し、さらっと気持ちい。長襦袢の衣紋の止まりも良い。

昔ながらも良いものです。

 

下着アイテム表

参考:裾よけを付ける。

参考:補整より姿勢の私。 補整の知識が得られる本

 

和装ブラジャー

和装ブラジャーを着用で美しい鳩胸をつくることが望ましいですが、カップ無しのブラジャーやスポーツブラでも十分代用できます。

カップ無しをすすめる理由は「本来洋装のブラジャーは胸を強調させる」ものだからです。体型に凹凸ができると衿合わせがうまくいかない場合があります。

参考:着付けの補整=体の凸凹を埋めて”寸胴”にする

 

肌襦袢を着る

肌襦袢。どうやって着るの?紐付いてないし。意外と教えてくれませんよね。

え?私が生徒だったお教室だけかしら?(笑)

肌襦袢を着る正面

肌襦袢をはおり、背中心を合わせます。

衿合わせは前中心で対称にします。バストを十分覆えるくらいに
合わせられるものが理想です。

以前は⾐紋で肌襦袢の衿淵に引っ掛ける着方をしましたが、現在
では下着を⾒せない着方が主流です。

T-シャツ型の下着を着る場合は、その下着が⾒えないような衿の
くりが⼤きいものを選びます。

肌襦袢を着る後

⾐紋を⼤きく抜きたい場合は後ろ衿を下にぐっと引いておきます。

裾辺り(点線)を両⼿で持って同時に引きます。

肌襦袢の紐は通常付属していません。前合わせで胸が被るくらいのものが最適です。どうしてもはだける場合は仮紐を使⽤します。はだけるのはサイズが合っていないからかもしれません。

補整をする場合は肌襦袢の上にタオル、または補整パッドを付けます。

 

浴衣の下着は?

下着はこれ!という決まりはありませんが、透け防止のために必ず着ましょう。

汗取りにもなります。素材は綿、麻、化繊などがあります。

 

浴衣の下着

 

浴衣スリップを着る

意外と着られない方が多い浴衣スリップ。

さあ、着てみましょう。

 

はい、着ることができました!

衿合わせは左右対称になっていますか?

浴衣や着物の衿元から衿ぐりが覗かないように袖を外側(手首側)に引いておきます。

 

ゆかたスリップ詳細

左脇の通し穴に気づかない方がほとんどです。

着物レンタルショップに来るお客様のほとんどが迷います。めったに着ないですものね。浴衣を着る機会にぜひ覚えてくださいね!

今年の夏も暑いのでしょうか・・・そんな時はやっぱりうそつき襦袢かな!

 

 

>e-book

e-book

多様なメディアとリンクするe-bookで着付けを習得しましょう。
「着付けの本普段きもの 日本語版」ただいま期間限定公開中です。