着付け技能士試験1級実技受けてきました!既に受けた皆様、いかがでしたでしょうか?まい吉は全力使い果たし、ちょっと休憩中です。     英語ブログLet\'s put on kimono!のお引越し完了しました。

訪問着、歩く絵画

訪問着とは?

訪問着。

美しい絵羽模様が描かれている準礼装の着物です。

式服としては既婚・未婚問わずに着られ、着用できる場所も範囲が広いです

 

 

風神雷神の訪問着
国宝、俵屋宗達の風神雷神図。リスペクトしてオマージュして訪問着になりました。

お仕事柄パーティなど頻繁に出席される方はたくさんお持ちでしょう。

しかし、一般的には卒業式、入学式、お茶会、披露宴などにきる程度でしょうか。

よそのお宅に訪問するのにふさわしい着物として生まれた訪問着ですが、

「持ってはいるけど、たんすの中だわ。」もしくは「実家にある。」とか。

伝統文化関係の仕事をしていないと着る機会がなかなかないんですよねー。

 

着席形式のパーティーでは格の高い黒留袖や色留袖よりも訪問着が重宝されているそうです。

何故か?

座ってたらただの色無地にしか見えないですからー!

確かに地味ですね。

 

と言うことで、国際交流などのパーティーには訪問着をお勧めします。

模様の美しさもさることながら、日本女性の美しさを最大限に引き出せるのは着物しかありません!

ドレスだとどうしても負けてしまいがちです。

実際、海外赴任する生徒さんで「パーティーでは訪問着と二重太鼓必須!」なのでお稽古された方もいらっしゃいました。

皆さん、訪問着を着て日本の美を見せびらかしましょう!

 

訪問着の模様

何と言っても訪問着の美しいところは絵羽模様です。

左肩、袖、裾と着物全体で一つの絵になっているものを絵羽模様と言います。

西洋にはない日本独特の模様付けだそうです。

確かにそうですね。

しっかりと「間」があります。意味のある空間。描かれていない空間にこそ意味がある。

模様師と呼ばれる着物アーティストによって描かれ、染められます。染色作家ともいうかな。

反物がキャンバスですね。

そう・・・訪問着を着れば、まさにあなたは

歩く絵画!

コートを脱いで見せびらかしちゃいましょう!

雷神
雷神!
風神
風神!

 

訪問着のルーツ

文献によって違いはありますが、西洋のビジティングドレスに相対するものとして大正時代に考案されたそうです。

訪問着として一般に浸透したのは昭和時代だそうです。それまではいろいろな呼び名があったようです。

伝統とは言っても現在の着物の形式は意外に歴史は浅いです。

 

英文はこちら。

>e-book

e-book

多様なメディアとリンクするe-bookで着付けを習得しましょう。
「着付けの本普段きもの 日本語版」ただいま期間限定公開中です。