着付け技能士試験1級実技受けてきました!既に受けた皆様、いかがでしたでしょうか?まい吉は全力使い果たし、ちょっと休憩中です。     英語ブログLet\'s put on kimono!のお引越し完了しました。

ひとりで二重羽ふくら雀を結ぶ

”ひとりで振袖を着る”でご紹介できなかった改良枕を使った帯結びです。

自分で着付けができれば自力で振袖を着ることはできます!

問題は帯結び。

でも、改良枕の力を借りればできちゃうんです。

形を作って背負うだけです!

では、さっそく”ふくら雀二重羽”バージョン結んでみましょう。

準備するもの

 

必要なアイテムはこちらです。↓

必要なもの一覧

 

  1. 袋帯
  2. 改良枕
  3. 帯揚げ
  4. 帯締め
  5. ガーゼ(帯枕用)
  6. 綿テープ 50㎝くらい2本
  7. ゴム2本
  8. クリップ たくさん

 

まい吉
二重羽なので長めの帯をご用意ください。短い帯の場合は一重ふくら雀になります。11の行程を飛ばしてお太鼓作りに進んでください。

さあ、準備はいいですか?

いきますよー!

 

結ぶ:形作り

 

1.袋帯全体を半幅に折り、テを下、タレを上にして半分の長さにする。↓

帯を半幅にする

 

 

2.テ、タレ両方の帯を枕の輪に通す。枕の真中がテ先の柄×約2倍の位置。↓

帯を枕の輪に通す

 

 

3.テ先だけを枕の後ろに折り上げる。↓

テ先を枕の上に折り上げる

 

 

4.テ先を広げ、柄止まりを4~5cm残し、右を輪にして枕の半分以上折り返す。↓

テ先を開き輪にして折り返す

 

 

5.三山ヒダで羽を作り、ゴムで止める。↓

三山ヒダで羽を作る

 

 

6.ガーゼと帯揚げを被せ、綿テープを枕と三山ヒダの下に通す。↓

ガーゼ、帯揚げを被せ、綿テープを枕とリボンの下に通す

 

 

7.仮紐で胴回りを測り、枕の中心から右に胴回り分を取る。クリップは下側の帯に止める。↓

胴回り一巻き分

 

 

8.①胴一回り分に5~7㎝加え、②クリップをその位置まで移動させ、③余りの帯はタレ側(左側)に引き出しておく。↓

胴回りの調整

 

 

9.タレを広げて枕の上に折り上げる。綿テープは作業中に外れないようにクリップで止めておく。↓

タレを折り上げる

 

 

10.タレで箱ヒダを作る。枕の裏側から作ると枕の上線できれいに出る。適宜クリップで止めておく。↓

タレ元に箱ヒダを作る

 

 

11.三枚ヒダ+隠しヒダをタレ先に作る。ゴムで止める。↓

タレ先にひだを作る

 

 

12.三山ヒダ大、三枚ヒダ小(くるっと回す)の順に枕の上後方(背に近い方)に乗せ、綿テープで枕、ガーゼ、帯揚げも一緒に結び止める。↓

羽根を重ねる

 

 

13.羽とお太鼓部分を形作る。帯締めも通して帯も一緒に止めておく。羽が崩れないように適宜クリップを止める。注意:背中に付けてから取れる位置に付けること!!↓

最終的な形作り

 

 

14.改良枕の輪と胴帯も一緒に止めておく。↓

枕にクリップ

ここまでが帯結びの形作りになります。羽を二重にしてことで奥の羽がたおれてくるのを防ぎます。

 

 

装着する

 

1.片手でピンクの枕の紐、枕の輪、帯下を持ち、帯結びを裏に返してそのまま背中に持って行く。写真の場合右手。↓

帯結びを背中に持って行く

 

 

2.まずピンクの紐を持ち、上下に引いて脇を締め、枕を背中に密着させる。↓

帯結びを背負う

 

 

3.まずピンクの紐、ガーゼの順に前に回してしっかり結ぶ。帯揚げは仮結び↓

紐類を結ぶ

 

 

4.胴の帯(四枚重ね)を枕の下線に沿って巻く。↓

胴を巻く

 

 

5.一周させたら輪に止めておいたクリップで止め直す。↓

胴を止めるクリップ

 

 

6.帯締めを結び、クリップを外す。↓

帯締めを締める

 

 

7.左は理想形、右になりがちなので羽根はなるべく内向きにしておく

羽根は背につくように

 

 

8.二重羽ふくら雀完成形。タレ先はもう少し長い方がいいね!↓

理想的な形

お疲れさまでした!!!

 

使用した改良枕は市販されていません。

同じような形であれば使い方は同じです。

こちらは枕が外せるので同じ使い方ができます。

こちらは足(輪)が外れるタイプです。

 

>e-book

e-book

多様なメディアとリンクするe-bookで着付けを習得しましょう。
「着付けの本普段きもの 日本語版」ただいま期間限定公開中です。