只今リニューアル中につき大変ご迷惑おかけしております。不具合は随時修正していますのでしばらくの間ご了承下さい!

着物の前合わせ、それは右前?左前?

自分で着るとき、迷いませんか?

右前か左前か。

初心者の頃は良く迷いました。

しかし、何故迷うのか?

自分から見ると左側が前にあるのに・・・疑問。

主体になる側の定義が無く「右前」だけが独り歩き。

しかも漢字「前」の意味が取り違えて伝わった?

ちなみに女性の場合、洋服のボタンの掛け方とは逆になります。

「右前」を大事にするなら、次のように考えてみてはどうでしょう。

(おくみ)が(自分の)右前にある(見える)」

英語に訳せば

Okumi is on the right front.” *1

“You can see “okumi” on your right front (side).”

うん、わかりやすいかも。

もしくは

「自分の前の右側が開いている」

“My right side opens.”

右前左前後姿
後から見ると右側が開いている。この細長い三角がその証。

また、前と言う漢字には「先に」と言う意味もありますね。

「右が先に肌に触れる」と解釈します。

うーん、ちょっとわかりにくいかも。

“The right touches on the body first.”

“The right covers the body before the left does.”

なら理解できる。


歴史を紐解くと奈良時代に「右衽令」が発布され、

現在の前合わせになったそうです。

一般に言われている右前(右が手前)着せる側から見てのことなのでしょうね。

昔の高貴な方々は着せてもらっていたようですし。

遣唐使も盛んだったので、大陸文化の影響でしょうか。

実は労働をする庶民は右前の方が動きやすいからという説もあります。

歴史なので推測の域は脱せません。

発布以前は一般に言われている左前だったようです。


着せ付けでも、やはり初心者の頃は

「あれ!?どっちだっけ?」ということはしょっちゅうでした。

その度に何気なくお客様側に立って確認してました(笑)

左前は縁起が悪いと聞かされていました。

それは死装束となるから。

葬儀屋さんが仏さまに装束を着せる時は

着せる側から見て左が手前に着せますよね。

何故でしょうね?

一説にはあの世はこの世とは全てが逆さまだという考えからだそうです。

右前だったらあの世で肩身の狭い思いをするのでしょうか。

着物や浴衣体験では外国人体験者が間違えて着ないように

「前合わせが逆だと棺桶に入らなければなりませんよー^^」

と言います。

I say ” Please don’t mistake. The left is on the right.

If not so, you have to get in a coffin!”

“Oh, no!!”

蛇足でした。

と言う訳で、

(おくみ)が(自分の)右前にある(見える)」

でいきましょう。

右前左前
左:着せる側から見て右が手前に 右:着せる側から見て左が手前に。画像を反転したもの。写真をUPする時は気を付けて!フォーマルなら柄行きが不自然になるから分かるけど、総柄は要注意。

*1 本来、衽は衿の延長“an extended big collar”だそうです。身頃の一部“an extended front panel” だと思ってました。

>e-book

e-book

多様なメディアとリンクするe-bookで着付けを習得しましょう。
「着付けの本普段きもの 日本語版」ただいま期間限定公開中です。