冬こそ温かいキモノ!そう、きもの着ましょう!       さらに衿にマフラー、手首には手袋、やっぱり機能性ももひき&タビは欠かせませんね。

名古屋帯で一重太鼓を結ぶ:胴に巻くからお太鼓作りまで

皆さん、着物は着られましたね?

次はお待ちかねの帯結びです。

名古屋帯の一重太鼓結びは着物教室のお稽古で必ず初めに習う最も基本的な帯結びです。この結びを習得すればどこでもお出かけできます。

 

習得目標

  • 帯の扱いに慣れる
  • お太鼓の構造を知る
  • 小物の役割を知る

 

浴衣の半幅帯とは違い、帯は長いです。帯枕も使うし、帯揚げ帯締めも使います。小物の扱いに慣れましょう。

では・・・少し長いですが、始めますよー!

着物の復習をしたい方はこちらへ

PREVIOUS

腰紐まで大丈夫ですね? 次はちょいと厄介なおはしょりの始末です。 でも、要所要所できっちり布目を通していけば問題ありません。 一つ一つ確認しながらゆっくり進めましょう。 着付けを楽しむことが大切です。 さあ、続[…]

着物の着付け2おはしょりから帯板

帯を胴に巻く

名古屋帯の仮だたみはできていますか?

テ先を肩に置き、帯を巻きながら締めていく

1.テ先を取り、ワを外側に肩に掛ける。テ先を置く位置によって腹柄の出方が変わる。青は左、黄は真中、赤は右になる。全通柄は帯の長さを考慮する。

 

まい吉

帯の腹にある柄の出し方に特に決まりはありません。左右中央とお好きな場所に合わせましょう。左右の場合は柄の中心をバストトップの位置に合わせます。

 

2.帯板に沿って胴に1回巻く。常に帯下がワになる。

 

まい吉
狭い場所では帯ではなく自分が回った方が巻きやすいです。

 

3.★印を親指と人差し指で取り印の帯下線背中心まで引く。

 

4.★からまで引く間に、右手は帯下線を持って引きを調節する。次に★印の指はそのまま固定し、右手は斜め前に引き、帯を締める。

 

まい吉
肩に掛けた帯元が胴に巻いた帯に隠れるようにしっかり下に引きます。

 

5.一巻き目に沿って二巻き目を巻く。

まい吉
ベルトなしの帯板は帯2巻目の下に入れます。一巻き目と二巻き目はきっちり揃えましょう。後で揃えるのは一仕事です。

テ元とタレ元を折り上げ、結び目にする

6.テ先を背中側におろして左端(ワ)を持つ。

 

7.持ったまま背中心よりも右に移動させる。

 

8.左手を帯下の位置まで下げ、その手を背中心より左に移動させる。

 

9.左手をその場に固定し、右の帯を斜め前に引き、帯を締める。

 

10.左手で帯下線をしっかり押さえつつ、右手を離し右の帯の裏へ持っていき、点線で折り上げる。白←矢印の帯の角が出ていたら内側に折り込む。テ先もワが帯下線に来るように折り上がっている。

 

11.右左の帯を同時に折り上げつつ、右手を帯上線の上まで持ってくる。利き手を使うために持ち替えても良い。

 

12.片手で押さえながら仮紐の中央を手に取り、もう一方の手に持たせる。

 

13.仮紐は背中で帯上線、脇から前は胴帯の上部に回す。

 

14.前に持ってきて胴帯の上でしっかり仮結びする。

 

テ先を前に預ける

15.テ先を十分に引き、前に持ってくる。前中心より←方向に約3㎝長ければ、ほぼお太鼓に収まる長さになる

 

まい吉
帯に遊びが出ないように十分に引きます。前中心より3㎝以上あっても心配はいりません。テ先をお太鼓に納める時に折り込むので大丈夫です。もしくは16.をお試しください。

 

16.テ先が長すぎる場合は十分に引いて反対側に持ってくる。

 

17.テ先は脇から折り上げてクリップで前に止めておく。

 

お太鼓を作る

タレ元を広げ、お太鼓の上線を決める

18.背中にある帯の根元を三角に折り、きれいに開く。縫止まりが頂点に来ていると理想的。

 

まい吉
美しいお太鼓を作るにはきれいに開くことが重要です。

 

19.帯の下部にもう一本仮紐を当て、帯を折り上げやすくする。

 

まい吉
19の仮紐は慣れてきたら省略できます。

 

20.前でしっかり結んだら、19の仮紐の位置から帯を折り上げる。クリップ(青い太線)位置がお太鼓の山及び帯枕の上線になる。

 

まい吉
クリップに関しては「普段&お洒落きものを着る準備。着付け小物が増えた!」を参照してください。

 

21.柄を合わせて折り上げたら手で支え、一方の手で帯枕を用意する。

 

帯枕を背に付ける

22.枕の上下を確認し、枕を横から入れる。

 

23.帯上線を土台にして帯枕を背中にあてる。タレ先が膝裏にあるとお太鼓作りに調度良い長さになる。

 

24.ガーゼを前に引きつつ手を上下させ、脇を締める。帯枕を背中に密着させる。

 

25.前中心を避けて、ガーゼの紐を2回からげて片輪で結ぶ。結んだらガーゼを前に一度引き、帯板と伊達締めの間に下に押し込むようにしまう。

 

帯揚げを帯枕に被せる

26.帯揚げの真中を持ち後ろ手に回す。見やすいようにタレをめくっている状態。

 

27.帯揚げを帯枕の上辺に被せる。

 

28.帯揚げをしっかり枕の裏に入れ込む。端両は前で仮結びし邪魔にならない場所に挟んでおく。

 

まい吉
帯揚げの変更がない場合は前もって被せておき、ゴムで止めておくと手間が省けます。

お太鼓の下線を決めてタレ先をとる

29.帯枕を固定したので仮紐を外す。その仮紐は袂にしまっておくか、再び取りやすい場所へ戻す。

 

30.お太鼓を作る。仮紐をお太鼓の下線になる位置(目安は帯下線)にあて、帯端を持って布目を通す。

まい吉
必ず布目を通してください。お太鼓線がきれいに出ます。

 

31.後に浮かせて指を使い、タレを少しずつ折り込んでいく。

 

32.ある程度折り込んだら手を持ち替え更に折り込む。

 

33.タレ先を人差し指1本分残す。約6~8㎝ぐらい。指を使い長さを調節する。

 

34.仮紐を胴帯の上でしっかり結び、前に預けておいたテ先を外す。

 

35.テ先を折り返し、お太鼓のすぐ下に差し込む。

 

まい吉
テ先を迎える手はなるべく平らにします。

 

36.お太鼓と同じ長さに合わせる。長い場合は折った方を内側に折り込む。テ先はお太鼓の下線に沿わせる。

 

37.お太鼓線はきれいに出たか、柄は良い位置にあるか確認。

 

まい吉

一重太鼓のテ先はお太鼓の正面から見えないようにします。

お太鼓の形ができましたね!

さあ、いよいよ仕上げです。頑張りましょう。

NEXT

お太鼓結びの続きです。 帯締めには「丸と平」タイプがあります。平には表裏があるので方向を意識して結びます。 結び方は「本結び」です。すべての基本となる結びです。 帯揚げは丁寧に折りたたみながら結びます。 結び方は基本[…]