只今リニューアル中につき大変ご迷惑おかけしております。不具合は随時修正していますのでしばらくの間ご了承下さい!

見て、真似して、覚えて。

着物講師あるある~♪

生徒さんに着付けの技を伝える時、なかなか言葉では的確に言い表せない事があります。

 

若手でも、ベテランの先生でも同様に

「こんな感じで。」とか「そうじゃなくて、こう!」とか・・・(爆笑)

 

人の体はそれぞれ違いますから、「ここを2センチにして・・・。」とか

杓子定規には言えないんですよね。(言い訳か?いや、本当に!)

だから「基本的には・・・」とか「約・・・」という言葉を付け加えるようにしています。

あとは体の部位から部位までとか。

そういう訳で「見て、真似して、覚えて。」が一番なのでしょう。

 

注:若手と言っても50代中心です。(笑)

>e-book

e-book

多様なメディアとリンクするe-bookで着付けを習得しましょう。
「着付けの本普段きもの 日本語版」ただいま期間限定公開中です。