冬こそ温かいキモノ!そう、きもの着ましょう!       さらに衿にマフラー、手首には手袋、やっぱり機能性ももひき&タビは欠かせませんね。

Posts

  • 2019-12-27
  • 2020-01-21

名古屋帯で角出しを結ぶ

角出しと言っても人それぞれ、いろいろな結び方があります。 ここでは一番簡単な、最後にテ先をお太鼓に通す方法をご紹介します。 それは「銀座結び」という方もいます。見た目は同じです。 帯枕無しで気軽に結べるお太鼓系の帯結びです。 特徴は・・・ 帯枕を使わ […]

  • 2019-12-27
  • 2020-01-08

三重紐で結ばない文庫「折り文庫」+ アレンジ、五重紐でも!

「わっ、この帯固いわー。どうやって結ぼうか・・・」 そんな時、皆さんはどうしていますか? ふくら雀か文庫、立て矢でしょうか。 そんな帯には改良枕が使えますが、今回は三重紐、またはまい吉特製 ”手作り五重紐”を使って、結び目を作らない・帯枕を使わない「 […]

  • 2019-12-08
  • 2019-12-17

お洒落きものを着る2:おはしょりから帯板まで

腰紐まで大丈夫ですね? 次はちょいと厄介なおはしょりの始末です。 でも、要所要所できっちり布目を通していけば問題ありません。 一つ一つ確認しながらゆっくり進めましょう。 着付けを楽しむことが大切です。 さあ、続けましょう! 腰紐までを復習したい方はこ […]

  • 2019-12-08
  • 2019-12-17

お洒落きものを着る1:はおってから腰紐を結ぶまで

お洒落きものは洋服の普段着やちょっとしたおしゃれ着と同じです。 ファッションアイテムの一つとして気楽に楽しみましょう! 浴衣とは違い、袷の着物は重さがあります。柔らかい布、張りがある布など様々です。薄手の夏着物は更に丁寧に着る必要があります。それぞれ […]

  • 2019-12-04
  • 2020-01-13

長襦袢を着てみよう!まずは一部式で。

長襦袢には2種類あります。一部式と二部式です。 一部式、またはワンピースと言いますね。 二部式、またはツーピース。半襦袢と裾よけの様に上下に分かれたものです。 それぞれの特徴は「長襦袢、一部式と二部式どっちが良い?」をご覧ください。 この記事では一部 […]