只今リニューアル中につき大変ご迷惑おかけしております。不具合は随時修正していますのでしばらくの間ご了承下さい!

ピンワークで反物の雰囲気をみる

反物・・・

見ているだけでワクワクしますね!

お気に入りを手に入れたら、

どんな雰囲気になるのか、柄行きはどんな感じがいいか、

一番簡単な前面のみのピンワークで雰囲気を確かめてみましょう。

用意するもの

用意するものは反物、腰紐2本、帯板(あればゴム付き、無くても可)、クリップ6個です。

ピンワークに用意するもの

 

ピンワークの手順

小紋の場合、最初は柄は考えず適当に合わせてみます。

準備

襦袢と衿を付けたところ美容衿を付けるか襦袢を着せます。

 

 

衿づくり

下前の衿を作る下前と衿を作ります。反物の耳を内側に2センチくらい折り、衿肩あきにクリップで止めます。

折り込んで下前の衿を作る生地を張り、身頃の生地を入れ込みもう一方の衿端を作ります。衿のように見えればOK。

下前の衿が完成下前の衿ができました。外れないようにクリップや紐に挟んで固定しておきます。

上前の衿ができました。上前の衿を下前と同様に作ります。腰紐で固定します。

後姿ちなみに後はこんな感じ。

 

 

前身ごろを作る

前身ごろを真っ直ぐにしておく前身ごろを作ります。生地を真っ直ぐにしておきます。

生地を内側に二重にする腰紐から床につく長さ+35センチ前後の2倍の長さを内側に折り返して取ります。(上の写真を見てくださいね。)

おはしょりになる部分は胸のあたり床すれすれから胸のラインぐらいが目安です。

前身ごろを腰ひもで止めたところもう1本の腰紐で押さえ、おはしょりを作ります。

おはしょりを下げたところおはしょり分を下げます。

帯板を付けたところ帯板を付けます。(無くても可。)

 

 

袖を作る

袖を作ります右袖を作ります。生地を二重にして前にもって行き、おおよそ肩先からバストトップ延長線上のおはしょり下までの長さを取ります。

右袖を作ったところ背中の中心辺りであまり布にクリップで止めます。右袖が付いたところです。

後から袖とあまり布を止めるずり落ちないように後ろから脇のあたりで袖端と身頃をクリップで止めます。

左袖ができたところ同様に左袖を作ります。

最終的なクリップの位置クリップの位置は5か所です。4と5は内側に止めてあります。

 

 

帯を合わせる

帯、帯揚げ、帯締めをコーディネイトお好みで帯を合わせます。6本目のクリップで帯を背中で止めます。帯揚げ、帯締めも合わせ、完成!!

 

印象的な柄がある場合は柄合わせの優先順位があります。

こちらもご覧ください。

 

いかがでしたか?

生地は体に沿わせることで生きてきます

色々と柄をずらして試してみてくださいね!

 

>e-book

e-book

多様なメディアとリンクするe-bookで着付けを習得しましょう。
「着付けの本普段きもの 日本語版」ただいま期間限定公開中です。