着付け技能士試験1級実技受けてきました!既に受けた皆様、いかがでしたでしょうか?まい吉は全力使い果たし、ちょっと休憩中です。     英語ブログLet\'s put on kimono!のお引越し完了しました。

和裁職人の格好いいところ

コートを縫う
お気に入りの羽尺で道行コートに挑戦中。

 

職人らしい仕草ってどんな業種にもあるものですが、

和裁職人さんの「わ、かっこいい!」と思ったのは・・・

カード巻の糸を針穴に通す前や後に、糸を真っ直ぐにするために

 

”ピン、ピン!”

 

 

と、気持ちのいい音を鳴らして糸を弾く(はじく)ところです。

どちらかというと ”ピン” と ”パン”の間くらいの音かな。

この音がたまらなく良い!

私はまだいい音が出せません。

縫い始めるセレモニーの様で好きです。

「よし、縫うぞ!」と気合が入ります。

 

糸を弾く前と後の伸び具合
上は弾いた後、下がそのままの状態。

 

 

ところで、職人は道具を大事にしますね。

オリジナルの道具も作ります。

先日行った「東京キモノショー」の”きもの解体新書”のステージで和裁職人の方が言っていた

「(手縫いは)道具に仕事をさせる。針が通りたいところに入っていく。」

非常に興味深い言葉でした。

だから糸を外してもその穴が残らないのですね。

また、「(手縫いには)人のやさしさがある。」

着る人のことを思って仕上げていくのですね。こちらも共感。

「相手を思いやる。」

日本文化に共通する思いかな。

 

 

お誂えでは身長、腰回り、裄*がわかれば他の部位のサイズを割り出しますが、

そのショーの出演者のツキヒコさんでは20か所も採寸するそうです。(すごい・・・!)

それだけ、体にピッタリの着物ができるわけです。

体験してみたい!

そして自分で自分の着物を縫ってみたい!

 

*1 裄とは?親指側の手首のぐりぐり(橈骨茎状突起:とうこつけいじょうとっき)から首の後ろのぐりぐり(大椎:だいつい)までの長さ。(いわゆる肩を経由して背中心から手首の長さ。)

関連記事

縫い直せるように縫うからです。 つまり最初からリサイクルできるような形であり、裁断方法であり、 そういう仕立て方をしているからです。 すごいな、着物って! 手縫いだから簡単にほどせ、は縫い(写真)をして洗い張り。 紬は両面[…]

 

>e-book

e-book

多様なメディアとリンクするe-bookで着付けを習得しましょう。
「着付けの本普段きもの 日本語版」ただいま期間限定公開中です。